スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声&歌活動まとめ。

《この記事は先頭に来る様に設定しております。》

*声優&歌活動*


*ラジオドラマ制作サークル【∞Vow.-メビバウドット!-】所属
 >作品・・・『こどもの大統領』:加納 眞士著 ・ボブ佐助、ワケアリ大臣、アメリンゴ帝国総統、大臣B 役
 http://www.youtube.com/watch?v=b4NXP19wob0〔第1話〕
 http://www.youtube.com/watch?v=4-MAWmOsE1E〔第2話〕

 >その他活動・・・地域小学校での朗読劇、ワークショップ ローカルラジオでのMCなど。

*歌
 【うたスキ動画】にて動画アップ中。
 http://joysound.com/ex/utasuki/userpage/_usr_a62409f3c06dc338c02cd3a7f0da6f0abe15_index.htmよりご覧になれます。
 
 
スポンサーサイト

2015も一週間が過ぎたってよ。

明けました。 2015年も1週間が経ち、そこかしこでは恵方巻き商戦が始まる昨今。
ようやく新年の挨拶をしようとする奴が居るらしいです。私です。

はい。明けましておめでとうございます。管理人です。
唐突で雑多な年末から平々凡々のんのんぴょんぴょんとした年始を越え、また東京に戻ってきてのブログ1発目です。

まずは昨年、なにはともあれコミケお疲れ様でした。相変わらず色んな所をカサカサしつつ色んな人に迷惑をかけつつなコミケでした。3日目人多過ぎて一悶着起きかけたけど。
そしてその勢いのまま帰省。が、電車が死ぬほど遅れて終電で帰るハメに。初の帰省はロクでもなかったよ。
で、年始は食べて飲んで演技の練習して寝て食べて飲んで以下リピート。
そして今に至る、と。そのグダグダの中でブログ書いとけば良かったのにねー。

アッハイ

さておき。
去年は色々と激動でございました。
養成所入って、仕事辞めて、上京して、歌って、演技して。
煽りの末にモバマス始めて、課金って2文字が段々近づいてきて。
某界隈で千早Pとしての地位を確立して。
金剛ちゃんと無事結ばれ。
相変わらず作曲活動はロクにせず。
これもうわかんねぇな。

そんなこんなで、なんやかんやで生きていってます。色々ぐんにょりしながら。
あいも変わらず適当マンですが。今年も仲良くしてやって下さいませー。

『iCW R@W16-0』 感想とか色々

はい。私です。突然の動画感想です。
そして今回お送りする動画はこちら。
co72480.jpg

ノーヴェP 様の動画 『iCW R@W』です。
ざっくり言うと。アイマスキャラがプロレスしてます。ファイヤーなプロレスリングしてます。
筆者がド嵌りしてた動画、東方プロレスの流れを汲みつつ、国内海外様々なプロレスリング要素を絡めた《iCWイズム》が素晴らしいシリーズです。
今回はその最新作、iCW R@W16-0の感想を。


                                   感想ここから



ダークマッチ1戦目日高愛vs三条ともみ
10分06秒 アックスボンバー→KO ○日高愛-×三条ともみ

img_0.png                    img_11.png


>試練の5番勝負を終えた愛ちゃんが実力者ともみとシングル。5番勝負EXとするか、ネクストの査定試合と見るか。
試合は序盤から愛の攻め、ともみの受け。体格差を感じさせない投げでペースを握ろうとする愛に対し、的確に打撃を入れ、合間合間に入れるスナップメア、フライングメイヤーで確実に流れを切るともみ。
互いにペースを握れぬまま最終盤、愛の一瞬の隙をついたツームストン・パイルドライバーで会場全体がRIPを唱えるがカウントは2.9。返された事に動揺したか、不用意に近付いた所へ愛の回転エビ固め連発。これはキックアウトしたが、直後ロープに振られた時の対応が遅れ、渾身のアックスボンバーが体格差も相まってかち上げるようにクリーンヒット。
実力者、三条ともみをKOと言う、これ以上無い突撃豆タンクの本領発揮となった。


ダークマッチ2戦目 音無小鳥vs桜井夢子
11分31秒 場外カウントアウト ○桜井夢子-×音無小鳥


kotori.png              img_2.png


>戦わされる解説担当小鳥さん、今日の相手は反則アーティスト桜井夢子。
序盤から夢子のラフ攻撃が冴え、小鳥のテクニックを封じ込む展開に。小鳥はグラウンドに活路を見出そうとするが、iCWマットの中でも屈指のグラウンドテクニックを持つ夢子にこちらも完封される結果に。
それでも耐えて耐えてカウンターを正確に入れ、序盤に有った差を少しずつ詰めていく小鳥の展開に少しずつ近付いていく。
しかしここでも夢子のラフ攻撃が冴え渡り、流れに指をかけるには至らない。
逆に夢子は終盤、ラフ、グラウンドを基点に打撃、投げのシンプルな攻撃で確実にポイントを重ね、最後は場外戦の中でストーンコールド・スタナー。これが完璧に入り小鳥は場外でダウン。そのまま立ち上がる事無く、リング下に引かれたマット上でカウント20を聴いた。


ダークマッチ第3戦 尾崎玲子vs善永文子
14分09秒 風神エルボー ○善永文子-×尾崎玲子



ozaki.jpg                   smile.jpg


>戦う実況ウーマン、アイマス界最速のブン屋善永さんと悩める一方的な保護者尾崎さんのシングル。
序盤はスピードで大きく勝る善永のペース。持ち前のグレイズ力と脚力を活かし、確実な打撃、投げ、そしてハイフライムーブで確実にリードを重ねていく。
しかし中盤。善永をコーナーに振った尾崎は、素早くコーナートップに持ち上げると雪崩式ハイアングルパワーボム!
これで一気にペースを握ると、そのパワーを如何なく発揮。ワンサイドゲームの様に善永を投げ捨てていく。
だが3カウントが遠く、逆に課題となる攻め疲れを今回も引き起こす結果に。一気に足が止まった尾崎に対し、最後の脚だけは残しておいたとばかりに最終盤ラッシュをかける善永。
最後は粘る尾崎を、どこかの哨戒天狗曰く「業界一シビれるエルボー」風神エルボーで3カウント。




*全体の感想*
6人のシングルマッチが一気に見れる贅沢なダークマッチ。ってかダークマッチで35分超えてるんですがそれは・・・。
今回試合として面白かったのは3>1>2の順かなー。
3試合目はブン屋の良い所、と言うか本家のあややもこんな試合運び出来たらいいのにねぇ!って言うプロレスだった。
そして尾崎さんは色々惜しいんだよなぁ。中盤までは、個人的にオザリンのベストバウトだったしオザリンのプロレス、9やられても一撃で10持っていけば良いんじゃ!が見える試合だったんだけど、終盤の行動に(とりあえず)って単語が付く感じがなんか。勿論ファイプロって部分で、フォール率がどうたらこうたら言ったら始まらないんだけど最後は投げの連続の中で一回でもフォールいってりゃ勝ってるんじゃ、と。
見てる感じだと、オザリンのフィニッシャーってランサルセとピラミッドドライバーなのかな?キングコングラリアット・・・だと安直だから、ディスカスクローズライン辺りをランサルセの代わりにフィニッシャーにしたら似合いそう。
、投げの難しさが一番出たのが第一試合かな。ちょっと愛ちゃんが、うーん。
体格差が有る場合、果たして投げられるのか!?って言うのが基本的な流れだけど、まあそれもゲームだからアレとして。ただちょっと、投げ→投げ→とりあえず投げ→投げ って展開が多すぎた。何というか、悪い意味で使われるときのNOAHっぽい試合と言うか。
多分普通の内容ならそこまで気にならなかったんだろうけど、今回の試合はともみさんがすさまじく壁(くっ)と言うか、上手いプロレスラーってのを見せ付けたから余計に目立ったかな。
逆に最後の丸め込み→丸め込み→アックスボンバーはその前のツームストンも有って、フィニッシュまで素晴らしい流れだった。あそこは愛ちゃんの成長だったね。
して第二試合は・・・うーん、ちょっと見所が薄かったかな。ダークマッチって立ち位置考えれば一番ベストな試合なんだけどw
小鳥さんは明確に流れを変えるってタイプのレスラーじゃない(上の詳細で書いた、じわじわ寄せるタイプ)から、明確にくっきり変えるタイプの善永さんとのタッグって凄い良いんだけど、シングルになると一方的に見えちゃう、頑張っても善戦マンに見えちゃう弱点が有って、それがモロに出たかな。夢子は何と言うか、良くも悪くも落差が激しい。性能的には凄くストンコな逸材なんだけど、今のままだと凄く強い嚙ませって進化しかしない気がするんだよね。影の実力者って立ち位置と凄く近くて凄く遠い。前者がこう、アライアンス時代のライノで後者がクリスチャンみたいな。あれこれ上手く例えられてないな。
そもそも、団体の中での夢子の立ち位置が定まってないからしょうがないのかもしれないけどね。
どこかでりょうゆめに落ち着くとしても、夢子はダークヒーローみたいな位置が良いかな。いや暗転した後リングの上で釘バット持ってる夢子が居ても困るけど。




とりあえずこんな所で。
感想を書くと言ったな。あれは(半分)嘘だ。
ノリで試合詳細も書いたけど、初めてやったのに3試合も有るから僕もう疲れたよ。
まあ普段プロレスのあれこれをつらつらと書けることなんて無いから、楽しかったと言えば楽しかったんだけどね。
とりあえず、こんな感じで今後もちらちら書けたら良いなと。

あ、そうだ(唐突)
このiCW R@Wはニコニコ動画にて、ノーヴェP様が作成している物です。気になった方はこちらからどーぞ!
http://www.nicovideo.jp/user/14120

色々変わりました。

どうも、私です。前回の更新が今年の3月だったので、およそ7ヶ月ぶりの更新です。うひゃーい。

この7ヶ月間で、色々と。本当に色々と変わりました。男子3日あわざれば・・・とは言いますが、7ヶ月ですからね。そらまあそうなるよね。

ひとつめ。
引越ししました。しかもつい最近。
以前は福島県民でしたが、現在は東京都民です。これでイベントもガンガン参加出来るよ!やったねたえちゃん!
で、この年にして人生初の一人暮らしですがすでにめんどいです。何がめんどいって軌道に乗るまでが色々とめんどくさい。
炊事洗濯は・・・どうでしょ。とりあえず家事スキルは一通り嗜んでるので、料理に限っては趣味なのでまあなんとでもなるかなーとは思ってますがはてさて。
で、なんで東京で一人暮らし?ってのは次のお話。

ふたつめ。
某養成所に通いだしました。あ、勿論声優の養成所です。
このブログの中でもその手の話をずっとしてましたが、結局のところ今の今までは夢物語をドヤ顔で話すだけで、もうなんかレースのスタートラインどころか受付すらしていなかった訳でして。
そんなこんなな現状がちょっとアレなので、今夏から養成所に入りました。しばらくは往復生活してましたが。
養成所は厳しいと言うか、現実を見たなぁと。台詞を読む事について、声を出す事や読むテクニックについては正直自信が有りますしクラスの中でも勝てる部分だと思っています。が、元々舞台に上がった経験もなく、演劇のバックボーンも無い所が、覚悟はしてましたが結構な弱点になってます。
そのキャラクターになって、心からその台詞を話す。読むではなく喋る。当たり前の様ですが、とても難しい。そしてそんな根っこの部分が、自分には著しく欠けているなあと。
ただ、こういう環境でなければ見て見ぬフリも出来たであろう事なので、これに向き合って叩き潰す時間は今しか無いのだろうなと。
しんどいですが、頑張ってます。

みっつめ。
ダイエットしてます。現在進行形。
春、このブログの最後の更新の辺りからちまちまと養成所に行く事は考えてたんですが、それやこれやの前にまずなんとかしないといけない部分がありました。 イッツァ体重。
散々デブだのなんだの言ってましたが、割と洒落にならないレベルにはデブだった訳です。よくある「俺最近太ってきちゃってさーワラ」みたいなノリとは一線を画すレベルに。
で、養成所にも入るし、色々変わらなきゃならん!と思い立ってダイエットを開始。From3月中旬。
で、現在10月中旬。7ヶ月で・・・
3 0 Kg 痩 せ ま し た
ダイエットに成功したDISIR君UC。
・・・とは言え。30kg痩せてもまだ足りぬのです。具体的には後10kgちょい足りぬ。
その位までガッツリ痩せられたら、記念にコスプレでもやろうかなーと。あくまで男性コスですが。
もともとコスプレの世界には色々と興味があったんですが、かっこいい人しかやっちゃあかん!って考えを持ってる人なので自分がやるって感覚は持てなかったんですよね。
とはいえ、せっかくそこまで痩せたなら記念にやっとこうと。これでイケメンなら本格的にやるのにネー。


そんなこんなで。3月の私とは心身環境共に色々変わってしまいました。でも中身はただのキモオタのままです。
これからは皆様にお世話になる機会が何かと増えるかと思いますが、改めてよろしくお願い致します!

ハンネにまつわるなんとやら

私です。お久し振りです。私です。
これ新年2発目の記事らしいっすよ・・・?


で、昨日twitterでうっすらネタになったので、私のハンネである「DISIR」のお話でもしようかと。


まず、根本的な部分としてこれなんて読むのかと。分かるかボケと思ったそこのアナタ。正しい。とても正しい。
これは「ディシール」って読みます。「ディーシル」でも良いっぽいです。デザイアじゃないです。デスでもないです。

まず元ネタなんですけども、たがみよしひささんと言う漫画家さんの作品、「DISIR」に由来します。由来ってかまんまです。
で、本編中でDISIRってモノが、
"北欧神話における、天使と悪魔の中間の様な存在" "あったかいのにつめたいもの"
みたいな表現をされるんですよ。それを当時の私はいたく気に入り、めでたくこのハンネが生まれた、と。

とは言え。意気揚々とハンネにしたはいいけどこいつハンネに全然向きません。
言い辛い。呼び辛い。覚え辛い。と三重苦をダイレクトアタックされてる感じです。
じゃあいい加減変えろって話なんですけども、他に特別良いハンネが浮かばねえってのと、このハンネともう10年位の付き合いなんで変えるのもなんかアレやなーって言う。

て事でアレです。DISIRは多分変える事が無いですけども、呼び方は適当で良いです。てか大体の人からD君とかでぃざいあとか呼ばれてるんでそもそも極稀にディシールと呼ばれると違和感感じるのでどうしようもないですけども。



そして。当の本人も全く知らなかったDISIRについてのあれこれですけども。
そもそもDISIRってなんじゃいと調べてみたら、確かに北欧神話に関する言葉っぽいです。

元々の語源はディース(Dis)で、Wiki先生曰く、

【古代の北欧神話における女神たちの総称で、豊穣・運命や戦いを司る霊的存在の一種。黒いベールを着た乙女戦士の姿が特徴。破滅と不吉の予言が迫っている事を警告し、恐ろしい姿で現れるとされており、運命に介入する者が役割。】

と言う事で。このディースの複数形がDISIRって事らしいです。
因みにこのディースと言うのは、良く耳にする単語で言う所のヴァルキリーやワルキューレなどと同じ様なものなんだとか。

漫画内での説明は一体なんだったんですかね・・・?

て事はあれなんですよ。ハンネとしてヴァルキリーとか名乗ってんのと一緒って事ですかそうですか。

20081114152507.jpg


uSkSy1RU.jpeg


もう何も信じられない。

ここまでやったんだからもう名前変えろよって思うかもしれないけどね。うん。
昔候補に有った奴はクトゥルー系だったんだよ・・・しかもニャル子ニャルラトホテプさんとか言う有名所じゃ全く無いからねえ。
みんなどうせあれだろ!地球本来の神々とか知らないだろ!ナス=ホルタースとか知らないだろ!

当たり前ですね。はい。


まあとにかくそんなこんなで。DISIRって言葉には存外色々意味が有りました。
何が言いたいって、俺をどう呼ぶかはどうでもいいんでみんなたがみの漫画読もうぜ!心がひねくれるよ!

って事で。そんなステマ(死語)な新年2発目のブログでしたオツシャス。
プロフィール

DISIR

Author:DISIR
声優志望でエロゲーマー。
きっとかっこよくも何ともないボトムズ。

Twitterやってます。@sennengensou でどうぞ!


リンクフリーです。バナーはまだない。
相互とかしてくれたら土下座して感謝します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
かうんと!
ばなー
『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。